View Cart
カートの中に商品はありません
コンディションについて
[ 盤質 / ジャケット ]
New/Seald
新品。
M = Mint
新品同様。
Ex = Excellent
大変良い。
VG = Very Good
良い/充分聞ける。
G = Good
目立つ傷や汚れがあるなど
Condition詳細
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
QRコード

ケータイからもレッツアクセス!

T
並び順を変更 [ アルファベット順 |価格順 |新着順 ]
Sorry! Sold Out
BLACK AND WHITES、DUTCH MASTERS、THE ROYAL PENDLETONSなどをやっていたTalbot Adamsのソロ作品!レーベルのご厚意により送料だけでの販売価格!とにかくいいから聴いてみてよってことです。BEATLESなサウンドをベースにしながらも、必要最低限のサウンドで牧歌的エッセンスも加えたサイケパワーポップを奏でてる。力を抜いたこういうのもたまにはいいね。聴いてみてちょうだい!
Sorry! Sold Out
宣言通りBLOATED KATが7"でリリースしましたよ。いやっほー00's USポップパンクファン歓喜のニューバンド!THE STEINWAYS、HOUSE BOAT、SCIENCE POLICE、BARRAKUDA MCMURDER、SKINNY GENESと共にバンドをやってきたGRATHとACEコンビによる新バンドTOP BUNKのデビュー音源7"化!
Sorry! Sold Out
※LA-TI-DAシングルスクラブ。おわっこれ70'sパワーポップじゃないですか。SHOESを思わせるタイトル曲はアップビートで思いっきり70'sパワーポップからの影響を感じますが古臭くなくて現代のエッセンスもしっかりとあり懐かしいって感じでもないです。B面の"HOLLOW"はWARM SODA感じませんか?
Sorry! Sold Out
ポップパンク向きの鼻詰まりで、サウンド的にはQUEERS、APERS、McRACKINSスタイルの3コードで曲間殆どなしでぶっ飛ばす19曲はポップポップな青臭く甘酸っぱい感じです!パワーポップ要素が高くなってきてるのもお気に入りの一つの要素です。個人的にすごい大成長っぷり
Sorry! Sold Out
こちらもカリフォルニアのDESCENDENTS〜ALLに影響を受けているCRUZIANメロディックパンク!そうそう、GOODBYE HARRY〜PAVERS好きな人に激オススメです!
Sorry! Sold Out
今年アルバムもリリースをして絶好調のTENEMENTの3曲入りニューシングル!いやはやまたしてもTENEMENTは名曲繰り出してきている国内のCRUZIAN POP PUNK好きのハートを確実に鷲掴みでしょう。DESCENDENTS、ALLにBIG DRILL CAR、DOUGHBOYSまでも感じさせる
748円(税込)
ゲストボーカルに2.5 CHILDREN INC.のボーカルChris Newmanを迎えてのシングル。この音源はシングル集にも編集盤にも全曲収録されていませんよ。ってことでPLOW UNITEDファンはマストでしょ。
Sorry! Sold Out
こちらもショボポップパンクファンならばチェックしてもらいたい!JTTにも通じる血管切れる寸前のテンションで歌うボーカルにショボ弱虫メロディーがすっげーかっこいい!確実に10年後には怪盤となるのは間違いないローカルパンクの真骨頂!
Sorry! Sold Out
出だしの音を聴いた瞬間は後期DESCENDENTS的なインスト曲かと思いきや、ぜんぜん違う感じになってびっくりする。若干引いた(笑)。でもまだまだDESCENDENTS〜ALLは捨て切れておらずにんまり出来る曲があるんだな。こっちの路線に完全にシフトして欲しいぜ!
Sorry! Sold Out
イタリアンPUNK'N'ROLLバンドTAXIの2006年にリリースされた3曲入り7"シング ル!先日SURFIN'KIと共同で7"をWS からもリリースしたGUIDAのメンバーの前身 バンドです。
Sorry! Sold Out
MONIKERSのMARKによるメロディックパンクの1st 7"。男女ボーカルの絡みがむちゃくちゃかっこいいですよね。そしてこの泣きのメロディー。そんでぺらぺらな単弦ギター。AMBITION MISSION、THIS IS MY FIST、NEW CREASESなどのラフメロディック好きな人は撃沈でしょう。
Sorry! Sold Out
BRIDGE & TUNNEL、GET BENTのメンバーが組んだバンドのデモ音源がついに7"化!熱い泣きながら熱唱する例のメロディックサウンドです。1曲目のど頭から沸点超えてます。この手のメロディックシーンでは今後大注目間違い無しなバンド

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ