View Cart
カートの中に商品はありません
コンディションについて
[ 盤質 / ジャケット ]
New/Seald
新品。
M = Mint
新品同様。
Ex = Excellent
大変良い。
VG = Very Good
良い/充分聞ける。
G = Good
目立つ傷や汚れがあるなど
Condition詳細
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
QRコード

ケータイからもレッツアクセス!

Punk In Japan/日本のパンク
並び順を変更 [ アルファベット順 |価格順 |新着順 ]
Sorry! Sold Out
SPROCKET WHEELでもありメロディックパンク界のギター職人Rickyによるユニット!ギター、ベース、打ち込みは全曲Rickyで、ゲストボーカルを迎える感じなんだけど、今作は60' WHALES、SEA OF TIMEのオオノさん、それからFOUR TOMORROWのナガサワにスプロケのシモくん参加!メロディック好きな人は普通に楽しめるやつ!オオノさんファンも必聴ですぜ!あっMC JAPANファンもね。
Sorry! Sold Out
over head kick girlのハッシーが戻ってきたぜ。すでにレーベル在庫なし、今回が最初で最後の入荷です。というのも納得な音源だぞ。イントロがIRON CHICを思い出させるんだけど、楽器が重なってくるとUKメロディックもいるじゃないか!エモいエモいけど、これはUKメロな感じ。けれど、そこにRecessな感じもあったりとハッシーの聴いてるものが色々と登場してきて良いアクセントになってる。THE SLEEPING AIDESのアキトチさんケツ蹴っ飛ばしてくれてありがとう!
880円(税込)
知っている人はほとんど皆無だと思いますが、これがTHE HUM HUMSの原型バンド!しかも、これ過去の音源じゃなくて2020年のレコーディング音源ですぜ。これがTHE HUM HUMSへと繋がるこのミッシングリンクでございます。知らない人が聴いたらTHE HUM HUMSでしょ?ってなる感じでかなりかっこいいんですよ。と、いうことでリリースすることにしました。
Sorry! Sold Out
大阪から良質の哀愁メロディックバンド登場!いやいやいや、これIRON CHIC彷彿じゃないか!Algernon、SNOWINGといったエモリバイバルでもメロディック寄りのバンドや、SAMIAMも感じさせる!エモいけどメロディックなの好きな人は確実にニンマリさせられること間違いなし!いや、これいいバンド。ライブ確実に見たい!お値段も破格だし、他の作品購入の際はカートに入れてください!
Sorry! Sold Out
町田から注目のメロディックバンド現れました!まっさきに頭に浮かんだのはSHIPYARDSの前身SUFFERING FROM A CASE!シノザワがナーバス前回の頃のバーニングメロディックサウンドでございます。コーラスもモロに熱いあの感じが蘇る!時折、HER SPECTACLESも思わせるリフなんかもあるんだよ。そしていかにも初音源って感じの荒さもいいと思いますぜ!俺の守護神の二人がレコーディングに関わっている。このことも胸熱なんだよね。うおーもっとこういうバンドどんどん出てきてくれよ!
1,200円(税込)
京都のメロディックパンクバンドDIE COMMUNICATIONSの久々の単独作品となる6曲入り。SNATCHERやI EXCUSE、そしてNAVELからの影響を感じさせるこれぞ日本のメロディックといった感じのサッドメロディック!さらにメロディーを深化させて染み節が増幅されてる。ギターのおかずは完全にUKメロディック影響下でこちらも最高!Snuffy Smile周辺のサッドメロディックに、所謂UKメロディックが好きな人もダイコミチェックですよ!
Sorry! Sold Out
こちらも札幌から登場のパワーポップバンドTOE KICKSの4曲入り音源でございます!札幌はほんと良いバンドをたくさん産出してますが、そんなところへこちらも楽しみなバンドがいましたよ。軽めなギターのカッティングで、70'sパワーポップというよりもEXPLODING HEARTS以降のバンドに影響を受けているように感じる。個人的には曲によってはRecessってか後期F.Y.P.やTOYS THAT KILLも思い出させてくれる。ハイテンションインマイルームを思わせるタイトルもいいね。
Sorry! Sold Out
北の大地北海道在住ながらしょっちゅう都内のライブハウスで遭遇する男、ハナマツトシヤが立ち上げたレーベルFun Mole Recordsかぶっ放すこちらも札幌のSnap Punch Moment!とにかく熱い!混成ボーカルに、拳が自然と挙がるオーオーなシンガロングそして、IRON CHICからの影響も感じるピロピロギター。これは、Four Tomorrow、Neko!〜Dead Ex好きな人は胸熱なサウンドでございますね。ライブでみんなが合掌して拳振り回している姿が目に浮かぶ
Sorry! Sold Out
POHGOHの"Friend X"をカバーしていた女の子たちがバンドを結成。Raftからついに3曲入りの音源をリリースしましたよ!カバーするくらいだからもちろんPOHGOHも感じさせるけど、それだけじゃなくてSARGEやMINERALとかも感じるね。鍵盤が入っているのが結構ポイント高いんじゃないかな。女の子4人という編成も良いしね。1曲目と3曲目が、完全なる90'sエモサウンドでこの若さでと驚きました。スローで聴かせる曲で勝負してるのはすごいと思う。次はもうちょい多い曲数で音源出してね!
Sorry! Sold Out
08年から12年の間だけ活動していて、Waterslideのコンピの第三弾にも参加してもらったloroが期間限定で再結成をして、そのライブ会場で販売していた7曲入りの全曲集をうちにも少数だけ卸してもらいましたよ。やっぱloro最高!聴いてて当時と同じ盛り上がり方しちゃってます!loroの音源探してた人チャンスですよ!いや、しかし吉野のハイトーンボーカルすげーわwww もろに初期衝動が炸裂しまくってます!もっかいやればいいじゃんか(笑)
Sorry! Sold Out
ヴォーカルが代わってからの第一弾となる2ndアルバムが凄まじい事になってます!!!LIVEがマジ凄まじいだけに音源もLIVE同様とんでもないことに!!!前任ヴォーカルのステージングが音源にも表れていたこれまでの音源と比べ、贅肉を削ぎ落としたシンプルながらもヒネクレは捨てずかつ勢いが半端ない音源に!
Sorry! Sold Out
bowsとsummer monthsとの3 way splitで初めて耳にした人も多いのでは?これはalgernon cadwalladerもちろん大好きなんだろうなって感じで、初期malegoat、日本語詞もあるからoffseasonもね、fallsといったタッピングツインクルエモでありながらメロディック要素もしっかりとあるサウンド好きな人であれば超テンションの上がっちゃうウキウキ系なやつです。そうなんだよ、こういうエモが好きなんだよ。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ