View Cart
カートの中に商品はありません
コンディションについて
[ 盤質 / ジャケット ]
New/Seald
新品。
M = Mint
新品同様。
Ex = Excellent
大変良い。
VG = Very Good
良い/充分聞ける。
G = Good
目立つ傷や汚れがあるなど
Condition詳細
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
QRコード

ケータイからもレッツアクセス!

FORMER CELL MATES "PRESENTED AS A WORK OF FICTION" CD
型番 BTRC059
販売価格 Sorry! Sold Out 

※デジパック仕様
※ダウンロードコード付きのアナログもあります。

FOR FANS OF: LEATHERFACE、SOOCIAL DISTORTION、REPLACEMENTS、LUCERO、DRAG THE RIVER

LEATHERFACEのお膝元サンダーランド出身のメロディックパンク/ロックバンドFORMER CELL MATES。
いやー待たされましたついに待望の新作となる3rdアルバム「Presented As A Work Of Fiction」が11曲収録で登場です!
再結成後のLEATHERFACEで長期にわたりベース/コーラスをつとめ、今作の制作のためにLEATHERFACEを脱退し、満を期しての作品はBOSS TUNEAGEからの登場となります。ちなみに1stアルバムはイギリスのNEWEST INDUSTRY、2ndアルバムはオーストラリアのPOISON CITYからでした。
今作はこれまでの作品の中でもダントツのクオリティーです。LEATHERFACE / SOCIAL DISTORTIONを思わせるいぶし銀の熱い男の哀愁メロディーにREPLACEMENTS、LUCEROを感じるオルタナカントリーをも吸収した壮大なロックサウンドは、メロディックの枠を軽く超えた最高のロックサウンドを聴かせてくれます。なんかリリース毎にすごいバンドになっている気が。
メロディックファンも大喜びの疾走チューンから、ルーツを感じるミドルチューンにフォーキーな楽曲までパンクの枠なんて気にせず幅広い層にアピールしているのは間違いないです。ラスト曲の「Something Worth Leaving Part I」はLEATHERFACEの「SHIPYARDS」を感じさせてくれてニヤリです。
これまでにUSツアー、オーストラリアツアーを敢行しこの作品リリース後もすぐに再びヨーロッパツアー、そしてオーストラリアツアーを予定と気合も入りまくっています。

視聴はこちらから
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける
この商品を買った人はこんな商品も買っています