View Cart
カートの中に商品はありません
コンディションについて
[ 盤質 / ジャケット ]
New/Seald
新品。
M = Mint
新品同様。
Ex = Excellent
大変良い。
VG = Very Good
良い/充分聞ける。
G = Good
目立つ傷や汚れがあるなど
Condition詳細
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
QRコード

ケータイからもレッツアクセス!

Punk In etc/色んな国のパンク
並び順を変更 [ アルファベット順 |価格順 |新着順 ]
Sorry! Sold Out
これまでと同様の北欧メロディックと同列のメロディーが辺境バンド好きにはたまらないと思います。女性コーラス入れたりと前作よりもキャッチーになってるんだけど、相変わらずサックスがあって、ピアノも入ったりと面白いことしてますね。
Sorry! Sold Out
これで廃盤となるチェコの母国語&女性ベーシストパンクロック/ハードコアバンドM.D.T.(正式名称はMINIMALNI DOBA TRVANLIVOSTI) 2003年リリースの15曲入りアルバム。メンバーおっさんぽいからこのバンドも80年代から活動してるのかな?ホームページあるけど全く読めない。
Sorry! Sold Out
わざとだと思うけど前作に比べると結構なポンコツ具合も味がある。80's UKハードコアからの影響大なサウンドですね。女性ベーシストのベロチュウ写真もブックレットにあり(笑)。やっぱり一風変わったメロディーやいきなりアコギが
Sorry! Sold Out
EL ZINE Vol.3でインタビューされてる東欧女性ボーカルメロディックSEX DEVIANTS!めちゃくちゃもの悲しいメロディーが印象的でかっこいいー!特にmyspaceで聴くことのできる"LONELY"は出だしのギター単弦からキテます。
Sorry! Sold Out
ドラマチックなインストナンバーで幕を開け、一歩間違えれば様式美なリフの2曲目へと繋がりメロディが始まるとすさまじい哀愁です。北欧、東欧のバンドはこの手の音をやらせたら緊張感が違います。TRALL好きも!
Sorry! Sold Out
今作は女性ボーカルが参加していてそれによって女性ボーカルアナーコメロディックサウンファンも気に入ってもらえるアルバムに仕上がってます。若干メタリックなギターですけど、女性ボーカルが参加の曲なんてKALASHINIKOVなんかを
Sorry! Sold Out
チェコメロディックパンクHOUBAとポーランドメロディックのLENIWIEKによる両バンド6曲づつで全12曲収録のスプリットアルバム。HOUBAは今作ではサックスまで飛び出す日本人の感覚ではビックリマークが頭に浮かぶような曲もあったりと独創的(笑)。相変わらずのTRALL PUNK的北欧メロディックチューンは熱くなる。LENIWIEKはポルカ的でもあるけど、なんか悲しくってドナドナ聴いた後の脱力感味わえていいですね。お互いの曲をカバーしあってるそうだけど、そんなのわかんない
Sorry! Sold Out
チェコメロディックの中心的バンドHOUBAとPUNKFLOIDによるスプリット!母国語メロデイック臭がぷんぷん!なので、完全マイノリティーな母国語メロディックパンクファンの方には安心して聴いてもらえます!
Sorry! Sold Out
2008年にSPAINではWILD PUNKからリリースされたノルウェーのポップパンク、パワーポップバンドYUM YUMSの3rdアルバムのUS盤は2曲多い全14曲!VIBEKEの加入大正解!そして泣きの哀愁度めちゃくちゃアップ!
Sorry! Sold Out
ご存知スロバキアのパンク神ZONA Aと同じくスロバキアのVANDALIとのスプリット7"!!2005年リリースのスプリットとあってZONA Aはシングルコンピには収録していない曲ですよ!
Sorry! Sold Out
ベルギーのエモーショナルメロディックバンドCORNFLAMESが2003年にリリースした8曲入りの1stアルバムにして唯一のアルバム。1996年に世界中を包み込んだエモムーブメントの真っ只中に結成。アメリカのバンドだったら絶対に当時CRANK!、DEEP ELM、BIG WHEEL RECREATION辺りが大プッシュしててもおかしくないクオリティ!優しくも泣きのボーカルに哀愁メロディー、抑揚のあるリズムとメロディーを前面に出したあの時代のエモーショナルメロディック!
Sorry! Sold Out
韓国ソウルから90's的メロディック/ポップパンク...Whatever That Meansが登場!BILLY BRAGGのTO HAVE AND TO HAVE NOTに激似の1曲目から始まる今作は、終始90年代のメロディック/ポップパンクを彷彿とさせまくるサウンドで、かなり良いです!

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ